日本スペイン交流400周年記念とオリーブオイル

0
    先週配信されたK&オリーブの[メルマガ]に連載の、
    オリーブおじさんのひとくちコラムから。

    来年は、「日本スペイン交流400周年」だそうです!
    ──────────────────────

    徳川家康が江戸幕府を開府して10年後の慶長18年に慶長遣欧使節団として
    初めて日本人の大使が太平洋、大西洋を越え通商関係樹立のため、スペイン国王
    及びローマ法王に派遣されました。それから400年目の来年2013年から2014年に
    かけてスペインと日本に於いて、それぞれ「日本スペイン交流400周年事業」
    及び「日本におけるスペイン年」の国際イベントが開催されます。また、両国
    の皇太子がそれぞれの国を代表して名誉総裁に就任、皇太子のスペイン訪問も
    検討されています。

    <中略>

    という訳で、来年と再来年にかけてはスペインとは文化イベントも含めさまざま
    な交流活動が予定され、スペインを代表するオリーブオイルは格好の主役として
    登場する日も近いと期待されます。

    今年、当社の乳幼児用オリーブオイル、ペケ・オリーバのメーカーである
    ベガ・カラバーニャ社の製品が「身体に良い」とローマ法王に献上されました。

    来年は、400年前の返礼として、スペインからベガ・カラバーニャ社の極上の一品
    が日本国に献上される機会があるかもしれません。その暁には、会員の皆様には
    いち早くお知らせし、会員の皆様だけに同等品を確保したいと思っています。

    ※K&オリーブ[メルマガ]の購読・登録はこちらから。(無料)

    PS.ベガ・カラバーニャ社は、昨年、ペケ・オリーバ1500缶を
    東日本大震災被災地、南三陸町へ贈呈してくださったのです!
    詳しくはこちら

    2012年収穫エクストラバージンオリーブオイル−初物−

    0
      スペインからみずみずしい現地情報をブログしてくださるので、
      いつも拝見しているサイトです。

      最初の言葉だけ引用させていただきます。

      今日はハエンに今年の収穫の搾油を見に来ています。
      あいにくの雨で、今日の搾油はありません。
      ただ、昨日の収穫の様子を写真でもらいましたので、ちょっとアップします。


      この記事のURL: http://blogs.yahoo.co.jp/creapasion_spain/31184334.html

      新鮮オリーブの写真がたくさん載ってます。

      K&Oliveのツイッターにもツイートされてましたが、まさに初物のエクストラバージン。
      コロニアパトリシアの産地もこのへんです。

      「スペイングルメフェア2012」

      0
        昨日、今日(10/3〜4)と、ホテルニューオータニ東京にて
        「スペイングルメフェア2012」が開催、今年で12回目のようです。

        食品18社、ワイン23社が来日。

        エクストラバージンオリーブオイルはもちろん、、チーズ、シーフード缶詰、
        アンチョビ缶詰、冷凍ムール貝などなど食品各社。
        スペイン伝統料理の缶詰各種って言うのもありましたが、どんなのでしょう?

        そして、ワイン各種23社。

        まさに地中海料理のオンパレード、試飲・試食できるのでいいですね!

        K&オリーブ社の代表たちも会場へ向ったので、ぜひ感想を聞きたいです。

        スペイングルメフェアサイト: http://www.spaingourmetfair.com/index.html
        スペイングルメフェア2012-タイトル

        スペイン料理をはじめとする地中海料理。

        0
          昨日に続き、スペイン大使館商務部よりスペイン大使館商務部のロゴ

          多彩な自然とその歴史が生み出したバラエティ豊かな食文化。
          近年、おいしさに加えて、健康にもよいことから、
          スペイン料理をはじめとする地中海料理が注目を集めています。
          野菜や果物、肉、魚、低脂肪チーズなどのほか、オリーブオイルをふんだんに使うメニューには、植物繊維、ビタミン類、必須微量元素など、健康に不可欠な栄養素がバランスよく含まれているのです。

          スペインは古くから多様な民族が移り住んだことから、
          地中海東部から持ち込まれる産物のヨーロッパ大陸への玄関口でした。
          アメリカ大陸の発見後は、アメリカ原産の品々がスペイン船でヨーロッパへ運ばれるようになり、
          世界の産物がスペインに集まるようになりました。

          スペインの食材といえばまず思い浮かぶのが、オリーブオイルやハム・ソーセージ、
          魚介類、柑橘類。リオハの赤ワインやシェリー酒なども人気があります。
          変化のある地形と恵まれた気候に、古代から受け継がれた伝統的な職人芸が、
          スペインならではの品質として現代にみごとに活かされています。

          食品加工メーカーは今や近代的な産業に生まれ変わり、
          伝統に新しい技術をプラスした強みをもって、
          世界でもっとも厳しい品質基準をクリアし、オリジナルな製品の数々を送り出しています。


          スペイン財政危機でもオリーブオイルは元気。

          0
            ユーロ全面安、スペイン財政危機、のニュースが毎日ですが、

            最新情報「オリーブオイル輸出量 5年連続で記録更新の見込み」

            スペイン大使館商務部のロゴスペイン大使館経済商務部のホームページより。
            昨日の記事のようです(12/07/23)

            オリーブオイル庁(Agencia para el Aceite de Oliva)の発表によると、
            今シーズンのオリープオイルの輸出量は、5年連続で記録を塗り替える見通しだという。
            昨シーズン全体の輸出は8,279億トンであったのに対し、
            今シーズンは始まって以来9カ月で既に6,321億トンを輸出している。

            オリープオイル庁長官のCarlos Sánchez Laín氏によると、
            この数値からすれば「今年もまた輸出量が伸びる見通し」であるという。

            さすが"本家オリーブオイルの国"、経済的にも応援します。

            オーストラリアでオリーブオイルの詐欺が!

            0
              なんとオーストラリアにてオリーブオイルの詐欺が告発されたそうだ。
              http://blogs.yahoo.co.jp/creapasion_spain/archive/2012/06/07
              これはちょっと見逃せないニュースです。

              記事を要約すると、
              エキストラ・バージン・オリーブオイルと表記されていたが、それ以下の品質だったので
              詐欺にあたり、ある会社の訴えに対し12,800USドルを支払わねばならなかったという。

              しかし、

              オーストラリアも日本と同様、EUの規定に属さないので不当表示が違法にならない。

              この記事を書かれた方の意見に私も賛同しました。↓
              ------------------------------------------------------------------------
              日本に入っているエキストラ・バージン・オリーブオイルも欠陥商品多発なので
              オーストラリアのように訴えたら勝てるだろうか。。。
              ここで言いたいのは、勝って違反金を払わすのが目的ではなく、生産者は詐欺をしている
              ということを理解すべきだということである。
              それに加わるインポーターにも十分責任はあると思う。

              ------------------------------------------------------------------------

              そこで、コロニアパトリシアのTOPページに掲げてあるスローガンは、

              『本物を知れば、品質を選ぶ』。

              本当に自信を持ってお勧めできる、最高級のエクストラバージンオリーブオイルです。
              まだご覧になっていない方は、ホームページぜひをご覧ください

              来年のオリーブ収穫予測は去年の半分!?

              0
                信憑性あるサイトより>> http://blogs.yahoo.co.jp/creapasion_spain/archive/2012/5/12

                国際オリーブオイル協会の予測では、
                去年(2010-2011年)の全世界のオリーブオイル生産量は295万トン。
                そのうちEU内の生産量は210万トン。

                そのうちスペインの生産量は120万トンと予測されていましたが、
                実際には予想を大きく上回り、160万トンだったそうです。

                いずれにしても、なんと言っても、スペインが世界一。
                さらに、そのうちの67万7千トンはハエン県にて生産だそうで。

                ハエン県といえば良質なオリーブオイルの一大産地で、
                まさに「コロニアパトリシア」の産地です。

                しかし、
                来年(2010-2013年)のオリーブ収穫予想は少なくなりそう、
                来年はその半分の予想だそうです。
                これは、去年から今年にかけての干ばつによる影響が大きく、
                また霜、そして過去3年間の豊作の影響も強いらしい。

                ただし、
                量とクオリティーはその生産者数にもよるが、通常は反比例する場合が多いと思うので、
                今年からクオリティーにもっと注力する生産者が増えればいいと思っている。

                とも言えるそうなので、別の意味で良いニュースと捉えることにしました

                ローマ法王に高級オリーブオイルを献上!

                0
                  K&オリーブの〔メルマガ〕に書いてあったのですが、
                  その中の、オリーブおじさんの連載コラムで紹介されたすごいニュース!

                  今月発売となった『ペケ・オリーバ』の製造会社であるスペインのベガ・カラバーニャ社。
                  そのベガ・カラバーニャ社のオリーブオイルがローマ法王に献上されたというニュースです。

                  ニュース動画の要約は、
                  法王ベネディクト16世が5,000人のスペインの若者を招いた席上、
                  ヨーロッパ最大の銀行を有するサンタンデール・グループの代表(エミリオ ボティン氏)から
                  健康にとても良いと献上されました。

                  スペインのオリーブオイルを代表するに相応しく素晴らしいことですね。


                  FOODEX Japan 2012 開催!

                  0
                    今日から金曜日まで(3/6〜3/9)、
                    FOODEX Japan 2012が幕張メッセで始まりました。
                    アジア最大級の国際食品・飲料展です。


                    FOODEXのサイトではわかりにくいですが、

                    「日本食糧新聞」によると、
                    スペイン・アンダルシア州政府 アンダルシア製品輸出促進公社(EXTENDA)は
                    日本における同州製品のプロモーションでFOODEXに出展する…


                    スペイン・アンダルシアの企業14社が出展するようです。
                    本場のオリーブオイルが各種PRしているということなので大変興味があります。

                    試飲・試食もできるのでは?
                    ぜひ、行ってみたいところです。

                    スペインとバレンタインギフト

                    0
                      スペインにはバレンタインデーと似た日があって(4月23日:サン・ジョルディの日)、
                      愛のプレゼントは、男性から女性に花を、女性から男性に本を、だそうです。

                      バレンタインチョコとオリーブオイルで、日本のようにチョコをプレゼントする習慣はありませんが、
                      驚いたのは、スペインがチョコレートの発祥の地ということ!

                      その後、チョコの製法がイタリアに伝わり、ヨーロッパ中に広まったそうです。
                      当時はカカオを水で溶かし、疲労回復など薬用効果のある飲料とされていました。

                      えっ?これって、コロニアパトリシアの歴史に似ていません?
                      しかも、オリーブオイルも健康や薬用などに大きな効果があるわけだから。

                      そう考えると、チョコとオリーブオイルがスペインでつながりました!(写真はパトリシアのパンフレット。チョコは単なるイメージです)

                      そこで、バレンタインギフトに新たな提案!

                      大事なカレには、スペインのチョコと高級オリーブオイル(コロニアパトリシア)をセットでいかが?
                      ワインとセットも良いけど、それよりずっと"カレ思い"かも?
                      安からず高からずで、ギフトにピッタリでしょう!
                      バレンタインギフトを応援!会員さま限定、全商品20%OFFキャンペーン実施中です。
                      http://www.patricia.jp/



                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << November 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM