日本オリーブ協会、設立の趣旨

0
    日本オリーブ協会>> http://www.japan-olive.or.jp/
    設立の趣旨の一部を要約しますが、日本のオリーブオイル業界の問題点を指摘しています。

    この「パトリシア日記」で書いてきたことも同じですが、より具体的です。

    最初のくだりを転載します↓

    日本オリーブ協会ロゴオリーブオイルに関する日本国内規格と国際オリーブ理事会(IOC)の定める国際商取引基準
    との間には、残念ながら非常に大きな違いがあります。
    例えば、日本で流通しているオリーブオイルのほとんどの製品に「Extra Virgin Olive Oil」
    もしくは「Olive Oil」という規格名がラベル記載されていますが、JAS規格では「食用オリーブ油」
    という表記しか正式に認めていません。しかしこれはほんの一例に過ぎません。
    すでにオーブオイルの製造、輸入、販売業に携わっている方でさえ、日本と世界の「違い」を
    知らない方が多いのではないでしょうか。

    IOCの国際取引基準およびEC法ではオリーブオイルにいくつかの規格と定義を定め、
    それぞれの規格名を名乗るために明確な純度試験と品質検査を義務付けています。
    それぞれの規格基準を満たして初めて、該当する規格名で製品化することが許されているのです。
    IOCに加盟している多くのオリーブ生産国で製品化されたオリーブオイルは、
    このような厳しいルールを準拠して生産、輸出されています。
    しかし、日本にはこのような規格や検査項目が全く存在しないばかりか、
    理解すらされていないのが事実です。
    (以下略)
    続きはこちら>>http://www.japan-olive.or.jp/est.html


    K&オリーブ社は、最高品質のエクストラバージンオリーブオイルをスペインから直輸入・販売。
    モットーは「本物を知れば、品質を選ぶ」。です。
    http://www.k-olive.jp/

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM